--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月から販売を開始しているWiMAXモバイルルータ『Aterm WM3800R』をSo-net WiMAXで契約しました。本体カラーはSo-net WiMAX限定で取り扱われているモモフライトピンク。使い始めて1か月ほど経ったので感想がてらメモ。
WM3800R.png

WM3800Rの本体サイズは約90×52×12.8mm、重さは80g。従来機と比較すると容量比30%ダウンという小型軽量化の反面、連続通信時間は約8時間となっています。

WM3800Rの特徴は、まずUSB給電機能。WiMAXモバイルルーターでありながら、外部バッテリーとしてとっさの場合にスマートフォンへ給電することができます。ただ、そのためには通常の充電ケーブルと異なるケーブル(付属しています)を持ち歩かなければならないのが惜しいところ。また、前述のとおりバッテリーの持ちが良くはないので、日常的にバッテリー用途で使うには少し厳しい気がするのが本音。

特徴の2つ目は、休止状態のWM3800Rをスマートフォンから起動させることができる点。Androidなら、Aterm WiMAX Toolというアプリ、iPhoneならBluetoothの設定画面(Androidでもこの操作が可能)からの操作で起動させることができるので、カバンからWM3800Rを出したりする手間を省けます。これは実際に使ってみて結構便利ではあったのですが、あまりAndroid向けアプリの使い勝手がよくないのと、他のルータをこれまで使ってきたせいで取り出す手間に割と慣れてしまっていたため、あまり使ってません。

WM3800Rで一番うれしかったのは、バッテリー残量がパーセント表示されること。大抵のモバイルルータは3段階や4段階程度のピクト表示でバッテリー残量が表示されるので実際どれくらい残ってるのか分かりにくく不便に感じていましたが、WM3800Rは1パーセント刻みで表示してくれるので助かります。黒地に白のモノクロ液晶の視認性が高いのも好印象です。

WM3800Rを選ぶかどうかで悩むのはやはりバッテリーの持ちだと思っていて、そこさえクリアすれば、まあ選んでも良い機種かな、と思います。この機種の発売直後にシンセイ・コーポレーションからURoad-Aeroという機種が出ていて、こちらは74gという軽さながら連続通信時間12時間を実現しているので、今となってはこちらも気になるところですが、見た目等も含めて割と満足しています。


今回のWiMAX契約は、過去のegg、WM3500Rを含めて3回目。前回解約してから1年以上経っての契約で、WiMAXのエリア拡大もより進んでいるので期待していたものの、私の行動範囲に限って言うとあまり変化を感じられなかった、というのが正直なところ。今なお利用中のEMOBILE G4のPocket WiFi GP02の方がだいぶ安心して使うことができています。マップ上はしっかりエリア内であっても、少し建物の陰に入ってしまうと途端に通信速度がガタ落ちするのはWiMAXの特性もあるので致し方ないところですが、やはりモバイル通信環境がWiMAX1本だとキツいんじゃないかな、と思います。場所によってはかなりの速度が出ますし、キャンペーン等でそこそこ安く維持することができるので、ちゃんとSIMを挿して使っているスマホに加えて使うモバイルWi-Fiルータとしてなら、WiMAXもありですね。
スポンサーサイト
2011.07.29  PC・デジモノ Macコンピュータ
今までAppleの製品を何ひとつ手にしてこなかった私ですが、この度MacBook Airを入手しました。時期が時期なので紛らわしいですが、先日発売された新型ではなく、1世代前のモデル「MC506J/A」を知人から購入。11.6''モニタ、128GB SSD、4GBメモリ、1.4GHzのCore2Duo、USキーボードな構成。
MacBookAir

というわけで。新しいものが手に入ったらとりあえず何かやりたいので、Ubuntuを入れることにしました。MacBook Airは、MacOSはもちろんですが、UbuntuやWindowsを入れたい人にもなかなかに魅力的なハードですし、やった事例は数多ネットに挙げられていますが、やったことメモ。自分用なので色々と適当です。

【1】Ubuntu用のパーティッションを準備
普通にMacOSを立ち上げ、ディスクユーティリティ(アプリケーション⇒ユーティリティ⇒ディスクユーティリティ)を起動。後先考えずに適当なサイズにパーティッションを切って、適当なファイルシステムでフォーマット。GUIで楽々。

【2】rEFItをインストール
The rEFIt ProjectからrEFItをダウンロード、インストールします。よく分からないままrEFIt 0.14の「Mac disk image」と書いてあるのを使いました。特に問題なし。

【3】Ubuntuのメディアを準備
UbuntuのisoイメージをDownload Ubuntuから入手し、CD-Rに焼くか起動用USBメモリを作成します。今の最新版はUbuntu 11.04ですが、なんだか面倒だったので以前作った10.10のCD-Rを使用することに。後でアップデートできますし。

※起動用USBメモリの作成方法は、手順2で「USB stick」にチェックを付けて「Show me how」を押せば詳しい説明がでます。

【4】Ubuntuのインストール
外付けのCD/DVDドライブにCD-Rを入れ、MBAを再起動させるとrEFItの画面に。中央にあるペンギンとCDのアイコンを選択します。どうでもいいけど、あのペンギン(タックスって名前らしい)あんまり可愛くないと思う。Ubuntuの最初の画面が出てきたらインストールメニューを選択。このとき、eを押してオプション指定可能なモードにし、nomodesetを指定してやるとか何とか。

で、こんな感じになりました。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
Ubuntu10.10

これはインストール後に撮ったものですが、終始こんな状態。白黒だし上へ下へ画面が流れてわけが分からない状態でしたが、地域設定、言語設定、キーボード設定を適当に済ませてインストール完了。一度シャットダウンして、CD-Rからではなく、インストールされたUbuntuを起動させます。

【5】ネットワーク接続とドライバの入手
無事(?)起動したものの、画面ザーザーは変わらないのでグラフィックドライバを入手したい。が、MBAにUbuntuを入れた初期状態では、これまたドライバ関係のせいで無線LANが使えません。さらに、MBAには有線LANポートがありません。どうやらUSBポートからLANに接続できるUSB LANアダプタを使うのが鉄板らしい。が、そんな素敵グッズは持ってない。

そんな諦めムードの中で、ふとよぎったのが以前購入したAterm WM3500R。これ、WiMAXルータですが、無線で飛ばすだけでなく、USBケーブルで繋いでの通信が可能です。というわけで実験がてら、電源入れてからUSBケーブルでWM3500Rを接続。
DSC_0467.jpg

お試し気分でやってみたら拍子抜けするぐらい楽に繋がってくれました。持っててよかったWiMAX。後はこっちのもの。「add drivers」からBroadcomの何か(無線LANドライバ)とNVIDIAの何か(グラフィックドライバ)をネット経由で入手。「何か」ってのは、画面ザーザーでちゃんと読み取れないから…手探りで。再起動の後、無線LANはもちろん、画面も正常に表示されるようになりました。


以上、グダグダでしたが、MacOSとUbuntuのデュアルブート環境が構築できました。Ubuntuも後にちゃんと11.04に上げられたし、問題なし、結果オーライ。どうせ大したデータは扱わないので、MacOSに慣れてきたところで設定を見直して、また環境構築してみようと思います。
モバイルWiMAXルータ「AtermWM3500R」を購入しました。カラーはモモピンク。
WM3500R_momo_pink
Aterm WM3500Rは2010年11月25日に発売開始された商品なので最新機種ではありませんが、WiMAXルータとしては現在の主力な製品のひとつです。マーズレッド、シルキーホワイト、プラチナブラックの3色が用意され、クセの無いシンプルなデザインや、LEDによる視認性の高い状態表示など、見た目もそこそこ。別売りのクレードルを購入すれば有線LANによるネットワーク接続が可能になる変り種でもあります。稼働時間も8時間と申し分なし。

新カラーであるモモピンクは4月半ばからSo-net限定で取扱いが開始されています。表面にPostPetのモモがあしらわれた、鮮やかなピンク色の端末です。日経ウーマンオンラインさんで「女子向け「モモピンク」WiMAX機器」という記事で紹介されているように、たぶん「女子向け」なんでしょうが、気にしない。かわいいは正義。

WiMAXのMVNOを提供している会社って、今や何社あるか分からないほど増えてきています。UQ WiMAX公式サイトの主なWiMAX提供会社を見ただけで、2011年4月24日現在で17社が名を連ねています。「主な」なので他にもあるのかもしれません。こんな状態の中、サービス内容で差別化を計るのは困難だと思われ、その結果か、どこもかしこも「契約事務手数料無料」「初月無料」「○ヶ月間は○○円OFF」「機種代金割引・無料」といったキャンペーンを期間限定といいつつ頻繁に展開している状態で、安くしてでも顧客を取ったもん勝ちみたいな、傍から見れば値引きチキンレースな状況。顧客から見れば安いに越したことは無いですけど…。

と、そういった中でSo-netの限定カラー方式というか戦略は効果的だな、という気がします。キャラクターの知名度は申し分ないでしょうし、明るいピンクはこの手の商品には少ない色使いで目を引きますし。So-netと無関係なキャラクターを無理やり引っ張ってきていれば「あー、キャラクター商法かよー」みたいな気にもなりますが、PostPetならそんな気は起きませんし。値段の面でも結構がんばっていて、4月中申し込みのキャンペーン適用で「初月無料」「機種代金無料」「通常4,200円の月額料金が11ヶ月間は3,590円」と、他プロバイダとも遜色無いかと思います。So-netと既存の契約が無い場合は別途「モバイルコース210円」が毎月発生しますので、その点はご注意を。

wm3500r_size.png
手元にあったニンテンドーDS Liteとサイズ比較。左上の角を合わせてこんな状態。厚みは、DS Liteを開いたときの本体側とちょうど同じくらいです。これを大きくてジャマと思うか、8時間も使えるのにコンパクトと思うかは人によるんでしょう。暗号化方式をWEPで設定すれば、ニンテンドーDSのWi-Fi通信にももちろん使えます。
BIC WiMAXでeggを契約してきた」から4ヶ月。BIC WiMAXを解約しました。
WiMAX_解約届

解約しておいて何ですが、WiMAX、そしてWi-Fiモバイルルータ「egg」はとても優秀でした。

まず回線速度。本当に屋外で10Mbpsを超える通信速度が出ます。そして、今のところ「使いすぎ」による回線速度制限をWiMAXではしていません。自宅のADSLを解約してWiMAX1本にしちゃった人すら周りにいます。

それから電池のもち。eggの場合だと公称5時間ですが、実利用で6時間もちました。さらに、8時間もつという新型のAtermWM3500Rが発表されたのも記憶に新しいところ。モバイルルータは電池がもたないから、と敬遠する理由は無くなりつつあると思います。
ご参考:8時間使えるモバイルWiMAXルーター「AtermWM3500R」 (ケータイWatch)

それと月額料金。BIC WiMAXのキャンペーン中に契約したこともあり、月額3,780円で使うことができました。また、本家のUQ WiMAXでも1年契約を条件に月額3,880円で利用可能なUQ Flat年間パスポートを先日発表しています。ガンガン使うならお値打ち価格です。
ご参考:WiMAXの新料金プラン「UQ Flat 年間パスポート」の提供開始について

ということで良いところばかりあげましたが、結局のところ「あまり使わない」のが解約の理由。Android端末に300kbpsしか回線速度の出ないb-mobileSIM U300を挿しているため、サブで高速回線が欲しかったのですが、たとえ遅くても常時接続されていて使いたいときに当たり前に使えるSIMに対して、カバンから取り出して電源を入れて接続されるまで10秒ほど待って…としなければならないWi-Fiルータは、面倒くさがりな私には合わなかったというのが結論です。端末のみでネット接続できないiPod Touch等を持っていれば話は別なのでしょう。

ちなみに解約の際はお客様サポートセンターに電話をして解約届を送付してもらう必要があります。必要事項を記入の上、返送。サポートセンターに受け付けられた日の24時をもって解約完了とのことです。手続きが済むと契約時に登録したメールアドレスに通知が来ます。実際に解約されるまで当然間が開くので、気持ち早めに動いた方が良いでしょう。

追記:
解約手続に必要な解約届ですが、ネットでもPDFで入手可能なようです。よくある質問からダウンロードページへリンクが張られています。

LTEのサービス開始も近づき、様々なガジェットが普及し、まだ先ですがWiMAX2も現実のサービスとなっていき…。Wi-Fiモバイルルータは今後より一般層に広く知られていくことになるんでしょう。自分もいずれ何かの契約をまたするんだと思いますが、ひとまずのお別れです。
先日「BIC WiMAXでeggを契約してきた」で書いた通り、WiMAX網モバイルWi-Fiルータ「egg」を購入しました。買ったのが月曜日(祝日)でこれ書き出した時点で土曜日の夜。まだ1週間に満たないけど、一応会社のある日と無い日で使ってみたことになるのでとりあえずの感想。

ソフトアンドハード社のegg(公式サイト)、箱の中身は本体とACアダプタとクイックガイド、保証書だけ。操作もとってもシンプル。ボタンは本体裏の電源ボタンと、もしものときのリセットボタンだけ。電源ボタン長押しで電源が入り、10数秒後にはネットに繋がります。電波状況等は、写真のようにWiMAX、Wi-Fi、電源(電池残量や充電状況等)の各LEDの色で分かります。
egg

前回、URoad-7000ではなくeggを選択した理由としてバッテリーの持続時間を挙げましたが、それで選択は誤っていなかったと思います。使いまくる人にとってバッテリーの持ちが重要なのは言うまでも無いですが、自分のように(今のところ)あまりハードな使い方をしていない人にとってもバッテリーが長持ちなのは大きなメリットです。だって、1週間に1度の充電で間に合いそうなんだもの(追記訂正:さすがに1回ではつらく、2回充電するようになりました。)。そんなに使っていないなら契約する必要ないじゃないか、という議論は置いておくとして。

WiMAXの通信速度云々についてはegg固有の話では無いけれど、WiMAXに触れたのは今回の契約で初めてなので一応書いておきます。私の普段うろちょろしてるエリア(品川、目黒、世田谷、大田あたりのごく一部)で試した範囲では下り3~9Mbps程。これだけ出れば重たいサイトの代表格、動画サイトだってサクサク見れます。40Mbpsは理論上の話なのでそりゃ出ませんが、主なHSDPAデータ通信サービスの規格上の7.2Mbpsを超える速度を屋外で実感できました。UQの謳う「画期的な高速モバイル通信」も言い過ぎではないでしょう。

WiMAXといえば、サービス当初から「屋内では繋がらない(繋がりにくい)」という声がたくさん聞こえてきて、そういうもんなんだろうとの思いでいましたが、私の自宅(木造戸建)と勤務地(ビルの10数階)では問題なく接続することができました。ただ、屋外で移動しながら試したところ、繋がるエリアでもデッドスポットみたいな地点は明らかにあって、少し移動すると急にまったく接続できなくなったりという状況がまれにですがあります。結局は利用者の行動するエリアに大きく依存しそうです。快適に使える人は、本当に快適に使えると思います。

ちなみに、自宅で試したspeedtest.netでの計測結果。安定して7.5Mbps前後が出ています。今のところUQコミニュケーションでは、使いすぎによる帯域制限をかける気は無いと明言していますので、自室でこれだけ出るならADSLとか引かないでいいやって考えに至る人もいるんじゃないでしょうか。

そんなわけで最初の約1週間が過ぎました。普段の生活の中でどの程度使うのか、9月以降どうするのか。まだ1ヶ月以上の無料期間があるのでゆっくり考えたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。