--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一部の国内Android端末が対応している「おサイフケータイ」機能。これまではモバイルWAONやビックポイントなど、一部のサービスにしか対応していませんでしたが、本日提供されたアプリにより、ようやくEdy対応となりました。

ビットワレット社: 新着情報 | Edyがスマートフォンに対応しました
Android Edyアプリ

アプリはAndroidマーケットで「Edy」等を検索ワードに入手することができます。おサイフケータイ対応のAndroid端末を持っていないのでアプリの使い勝手の良し悪しは分かりませんが、一応、非対応機種でもインストールは可能でした。もちろん使えません(笑)。現在発売中の対応機種は、auのIS03、docomoのLYNX 3DことSH-03C、REGZA PhoneことT-01C、Softbank mobileのGALAPAGOS 003SHといったところでしょうか。シャープと東芝の今冬モデルですね。2月発売予定のauのIS04も対応しています。

コンビニ等の店頭のチャージ端末を利用してのチャージ、クレジットカードからのチャージや残高確認など、基本的な機能はもちろん搭載されています。また、使うかどうかは利用者次第ですが、HOME画面に残高が一目で分かるウィジェットを貼り付けたり、使用履歴をTwitterにツイートしたりすることも可能なようです。また、今春にもオートチャージ機能に対応予定とのことで、Edyを頻繁に利用する人には便利そうです。この他にも新サービス・機能の提供が予定されています。

Edyもそうですが、Suica等の交通系のサービスに対応していなかったことで、「おサイフケータイ対応」とはいっても何かが大きく不足している感じがこれまでありましたが、徐々にサービスが整ってきました。自分はおサイフケータイ利用者じゃないし、周りにもあまりいないので、「スマートフォンのおサイフケータイ対応」にどれほどの訴求力があるのか正直ピンと来てないです。少なくとも、今現在Android端末を入手して利用している人は、2台持ちとかでない限りはEdyやSuicaを使ってない(使えてない)わけで。ヘビーな おサイフケータイユーザーはまだ乗り換えられる時期では無いと思うので、IS03やSH-03C、T-01Cが好調だというのは、「おサイフ搭載機種だから」では無いんだろうな、という気がします。なんにせよ、国産Android端末は既存のケータイ機能ならびにケータイユーザの取り込みの方向で進んでいるようなので その狙いの効果が表れると良いのですが。
スポンサーサイト
昨日11月26日、auからSHARP製Android端末「IS03」が発売されました。Android auのCM効果か初日の出だしは好調だったようです。異例の60万台を初期発注(※1)していることからもauの力の入れ具合が見て取れます。都区内で電車に乗っていると毎日見かけるようにようやくなってきたdocomoのXPERIAでさえ、発売から約半年で46万台(※2)。初期発注60万台はかなり強気な数字です。これは相当な攻勢をかけてくるつもりでしょう。

SHARP製端末ではdocomoからLYNX 3D SH-03Cが12月3日、ソフトバンクモバイルからはGALAPAGOS 003SHが12月上旬に発売されます。発売間近ですが、IS03に比べると広告の量が少ない気がするこれらの端末の滑り出しも気になるところです。シャープはさらに春先のモデルも発表済みで、乱発しすぎなのではと心配になりますが、ここでの売れ行き・評判は後々の展開に多大な影響を与えそうなので頑張ってもらいたいところです。

IS03、003SH、SH-03C(正式発表順)は、IS01とLYNXの様にほぼ横並びな端末になるんじゃないかと当初は思っていましたが、多少の差異があるようなので、簡単にまとめてみました。なお、赤外線、ワンセグ、フェリカ(おサイフケータイ)、キャリアメールはいずれも対応しています。

IS03003SHSH-03C
キャリアau by KDDIsoftbank mobileNTTドコモ
OSAndroid2.1
(来春2.2提供予定)
Android2.2Android2.1
(来春2.2提供予定)
液晶サイズ3.5インチ
DoubleVGA(960×640)
3.8インチ
WVGA(800×480)
3.8インチ
WVGA(800×480)
バッテリー1040mAh1390mAh1400mAh
3D表示×
FMトランスミッター××
HDMI出力××
歩数計×
ボタン配置Menu,Home,Back,検索
(電源は側面)
Menu,Home,Back
(電源、検索は側面)
Menu,Home,Back,電源
(検索は側面)

ちょこちょこしたところで搭載機能が違います。FMトランスミッターは外付けでも何とかなりますが、あると便利な人も多いはず。HDMI出力もあるなら使いたいという方はいるのではないでしょうか。ちなみに歩数計はシャープがAPIを公開するとのことなので、もしかしたら歩数計機能を使った面白いアプリが出てくるかも。まあ当面2機種しか対応していない以上 本気でアプリ開発する人も少ない気はしますので、もしかしたら。

見た目で目立つところでは、3D表示機能。ハード的に後からどうこうできないので、3Dが少しでも気になるならIS03以外…でしょうか。主に映像やゲームの提供が予定されているようですが、個人的には3Dゲームを求めるならソフトのラインナップ等含め、スマートフォンじゃなくNintendo3DSを買った方がよいような…。対応機種には3Dに見えるホーム画面(WindowsPCでいうデスクトップ画面みたいなもの)も搭載されていますが、これはいらないなーと思っています。通常の利用で悠長にホーム画面眺めていることもないだろうし、さっさとアプリ見つけて起動しやすい方が絶対いい。

ボタン配置は表の通り、なぜかバラバラ。すぐ慣れるので、初めてAndroid端末を使うのであればどれでも問題ないでしょう。この中でIS03のみハードキーでなくメモリ液晶という名前のサブディスプレイを使ったソフトキー。意外にも使い心地は悪くないので、ハードキーにこだわりが無ければ特に問題ないボタンです。よく分からないのはSH-03Cで右端に電源ボタン(スリープもこのボタン)が配置されている件。前向きに考えると、机の上に置いた状態でも押しやすいので、置いたままスリープから復帰させたいときには便利…かもしれません。

また、ほぼ同じ大きさの3つの端末ですが、液晶とボタンの位置関係がそれぞれ異なります。外観の違いはITmediaの写真で解説する「LYNX 3D SH-03C」(外観編)が分かりやすいと思います。Androidの場合、通知領域が画面の一番上にあり、通知に対してそこからアクセスすることになります。私は絶対に片手で使いたい派なので、片手で持ったときに親指が下のボタンから画面の一番上まで届かないと使い勝手が一気に悪くなります。リンク先の写真の通り、IS03は画面がワイドで無い点と画面とボタンが隣接しているおかげで、指を上下させる領域が短いです。同じ画面サイズの003SHとSH-03Cでも、よく見ると明らかに003SHは縦に長く、片手で使うには正直無理がありました。両手使いならどれでも問題ありませんが、片手派の方にはIS03、もしくはSH-03Cをオススメします。


国産Android端末が徐々にケータイの機能を取り込み、隔たりが良い意味で減ってきていると思っています。おサイフケータイはEDYやSuicaのサービス開始がまだ先で、本領発揮といえる段階に達していない(※3)ですが、キャリアメールが使えて、赤外線で他人とメアド交換できる、これだけでも乗換え辛さは大きく解消されたと思います。1年少し前に国内初のAndroid端末として投入されたHT-03Aはあまり一般受けしなかったようですが、XPERIAで一気にAndroidユーザが増え、この年末には3キャリアからほぼ同時に発売。この1年でAndroidの知名度もそれなりに高くなり、様相は大きく変わったと思います。各社の動向が楽しみです。


※1 シャープに通常の3~4倍の60万台以上を初期発注
KDDI期待のスマートフォン「IS03」に予約27万台  【魚拓
※2 「Xperia(エクスペリア)」を発売したソニー・エリクソンが46万台
上半期の国内スマートフォン出荷シェア iPhone6割で独り勝ち 【魚拓
※3 おサイフケータイ対応予定
au by KDDI ●おサイフケータイ®対応予定サービス
auのAndroid^(TM)搭載スマートフォン「IS03」の発売について〈参考〉
NTTドコモ スマートフォン向けおサイフケータイの概要
2010-2011冬春モデルに28機種を開発および一部機種を発売
幕張メッセにて10月5日から開催されているCEATEC JAPAN 2010に行って来ました。一番の目当てはauから先日発表されたSHARP製Androidスマートフォン『IS03』。
ceatec2010_is01_1

いわゆる普通のケータイからの乗り換えを前面に打ち出した「1台目として使えるスマートフォン」として売り込んでいるだけあって、『IS01』に搭載された赤外線、ワンセグに加えておサイフケータイまで対応。携帯電話で当たり前に搭載されている機能の多くがちゃんと取り込まれています。

実際に触ってみて思ったのは以下の点。
・写真で見るほど大きくは感じない
形状が似ているからかiPhone 3GSと比較する写真がWeb上では見られます。たしかにiPhone 3GSより一回り大きいのですが、実際に持ってみると薄さのせいか大きさを感じませんでした。意外にもしっくりきます。
・ボタン配置が良い
ソフトバンクモバイルから発売中のX06HT(HTC Desire)やNTTドコモから発売中のXPERIA(SO-01B,XPERIA X10)などは電源キーが端末の上側にあり、少し押しづらいです。IS03は端末右側面にあり、左右どちらの手で握っても無理なく押すことができました。また、横持ちで写真を撮る際にも適切な位置にシャッターボタンがあり、通常のカメラ感覚で使うことができそうです。
・メモリ液晶は意外とクセが無い
画面下のキー部分にはメイン液晶と分離された細長い液晶が採用されています。スリープ時には時計や電池残量を表示させておけます。時間を確認する際に電源ボタンを押す必要がなく便利だと思います。実際に触るまで操作感が気になっていましたが、ハードキーで無くとも特に問題なく使えました。

反面、少し気になったのは以下の点。
・HOMEアプリ
写真に写っているような、アプリ1つ1つを黒い丸が囲っているのはシャープ独自のHOMEアプリによるもの。IS01と基本的には同じもので、正直いって操作時に少しもたつきを感じます。一応、Androidの良いところ(?)として、別のアプリを導入することで気軽にHOMEを変更することはできます。とはいえHOME画面は端末の顔でもあると思うので、できれば標準搭載されたもので快適に使いたいところです。

ceatec2010_is03_2
IS03用に他端末には無いLiveWallpaper「毛皮」がインストールされています。最初の写真で壁紙に設定されているのと同じもの。スワイプ時などに、毛が僅かになびきます。独自に追加されたLiveWallpaperはこれ1点の模様。

ceatec2010_SHARP
明日10/9にCEATECに行く人でここを見てる人なんて皆無かと思いますが、一応会場情報。CEATEC会場ではauブースとSHARPブースでIS03が展示されています。事前情報でauの方が混んでいるとは聞いていましたが、絶対にSHARPの方に行った方が良いと思います。台数は両方十分に確保されていますが、auブースでは30分待ち等とアナウンスされている一方でSHARPブースはせいぜい1人か2人待ちで済みました。11:30から15:00頃まで何度も通りましたが、ずっとそんな調子。あまり並んでいない端末の列で待っていればすぐ順番が来るかと思います。

家電量販店にIS03のホットモックが並ぶ前に少しでも早く触りたいという方は原宿にあるKDDIデザイニングスタジオ、通称"Kスタ"に行くとよいかと思います。11月26日までauスマートフォン「IS03」デモSHOWが開催されています。実際に行った方から聞いたところ、端末が9台置いてあるとのことです。

少しでも気になっている人で触りに行ける環境なら、一度ぜひ触ってほしいと思います。私の場合は触ったことでより印象がよくなりました。まだまだ改善点はあると思いますが、「日本市場向け」を考えた端末に仕上がっています。端末価格等の情報が正式に発表されるのが楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。