--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前の話ですが、ドコモから販売されているXperia acro HD SO-03Dが購入しやすい状態になったので入手しました。販売店の施策もあり、MNPでのポートイン/ポートアウトに伴う各種手数料や今後の維持費を考えてもほとんど足が出ない計算になったのでauからのMNPで。

今回新しい機種を買おうと思ったきっかけは、最近ほとんど使わなくなってしまっていたEMOBILE G4のデータ回線を有効活用したかったため。ドコモショップにスマートフォンを持ち込めばSIMロックは有料で解除してくれますが、EMOBILEが1700MHz帯のBand IXを使用している関係で、EMOBILEのSIMで使えるドコモ端末は限られています。なお、どの機種がEMOBILEで使用可能なのかは、SIMロック解除対応機種の他社SIMカードでの音声・SMS確認結果というドコモのページで公開されています。

上記のページを参考にしつつ、Xperia acro HD SO-03Dを選択しました。選択の理由は上で書いたように入手性が高いこともひとつですが、microSIM端末で無いことが最大の理由です。今使っているEMOBILEのSIMはカットしたくなかったので、この記事時点で候補になり得るのはF-12C、L-02D、SO-03Dくらいしか無いのが実のところ。

SIMロックの解除手続きは特に難しいこともなく、ドコモショップに端末を持ち込んでSIMロック解除してほしい旨を伝えるだけ。ドコモのサイトにもSIMロック解除の手続きというページにて説明されている通り、SIMロック解除手数料が3,150円必要になります。私の場合は20分くらいで手続きが完了しました。

SIMロックの解除が終わったら、あとはAPNの設定をするだけ。自身の契約等に準じて入力すれば完了です。私の場合はAPN名:emb2.ne.jp、ユーザ名とパスワード:em、MCC:440、MNC:00、認証タイプ:PAP、APNタイプ:default,supl,mmsと指定しています。

EMOBILE G4での利用がありか無しかは、実際に利用するエリアに準じるので何ともいえないですが、一部の商業施設の地下とかでもなければ圏外にはならないので個人的にはFOMAで使うよりは快適。私の勤務先では下り5Mbpsくらいは安定して出てくれるので、LTEほどでは無いにせよ十分な速さで使えています。

ICSへのアップデートを適用したXperia acro HDがもう少しサクサク動けば文句ないのですが、使えなくはないとはいえもう一歩…というのが端末に対しての感想。EMOBILEの2年契約が8か月ほど残っているので、それまでは有効活用していこうと思います。
acrohd2.png acrohd1.png
スポンサーサイト
めっちゃ、イー・モバイル! ちょっと言ってみたかっただけです、スミマセン。

1月16日までGMOとくとくBBでキャンペーンが実施されていたので、イー・モバイルの回線契約を申し込みました。(1月21日現在は別のキャンペーン期間となっています。)機器はPocket WiFi GP02を選択。下り最大42Mbps(ベストエフォート)の、EMOBILE G4 対応Wi-Fiルータです。

wmeg_00001.jpg

今回申し込み時のキャンペーンは、以下の内容。
・データ通信端末の代金無料
・初期費用・EMOBILE事務手数料無料・端末発送料無料
・初月の利用料無料
月額料金が2年間半額 ⇒ 2,120円

昨年11月頃にも、GMOのクーポンサイトである「くまポン」にてキャンペーンが展開されており、大よそは同じ内容だったかと思います。2年縛りの契約であり、中途解約すると残りの月数により33,600円から16,800円の解約料が必要になってしまいますが、契約に伴う初期費用が完全に無料な点と、毎月の利用料金が半額なのは大変に魅力的です。

契約時に選択できるプランは、Wi-Fiルータの場合、「イー・モバイル42M PocketWiFi接続サービス」と「EM42Mアドバンスド PocketWiFi接続サービス」の2つ。キャンペーンの適用により、前者は通常4,240円のところを2,120円で、後者は5,980円のところを2,990円で2年間利用できることになります。なお、2つのプランの差はプロトコル制限にあり、「イー・モバイル42M PocketWiFi接続サービス」では「 プロトコル制限詳細」に掲載されている条件での通信に制限されます。特に困るような要素は見受けられなかったので、私は「イー・モバイル42M PocketWiFi接続サービス」で契約しました。通常のWeb閲覧であれば問題ないでしょう。2つのプラン間で通信速度に違いはありませんし、通信量はいずれも無制限とされています。

今回イー・モバイルの契約に至った動機の1つは、NTTドコモのLTEサービス「Xi」docomoの回線を寝かせたい考えがあったこと。「Xi」スタートキャンペーンが2010年12月から長期間に亘って実施されており、定額データプランの「Xiパケ・ホーダイ フラット」の場合、通常5,985円のところを期間中は4,410円で利用可能でした(プロバイダ料金等は別)。でも、この価格が適用されるのは2012年4月30日まで。そのため、替わりとなる回線を探していました。端末代金(L-09C)が無料、初期費用不要に加えて商品券でxx,000円のキャッシュバックという条件で契約できたものの、月額料金が重なるとそれなりに負担となりますので。

商品到着から2日半ほど使用してみましたが、速度には特に不満なし。スマートフォンユーザ増加による影響か、お昼時のドコモ回線(APNはmopera.net)が最近目に見えて重たくなってきていたので、大変助かっています。一方、建物の奥の方にまで行くと電波が届かないことがあったりと、有効なエリアには若干の不安があるのも確か。日本通信のb-mobileSIM U300やイオンSIMと併用していくのが理想的かもしれないです。2月からはXi回線を寝かせ、試行錯誤していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。