--.--.--  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日公開された「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館」の初日舞台挨拶に行ってきました。
DSC_0609.png


舞台挨拶は、たくさんのひみつ道具が登場する今作品にちなんで「1番欲しいひみつ道具は?」の質問に答えていく形式で進められました。司会は、本作には登場しませんでしたが出木杉君を務めるテレビ朝日の萩野志保子アナウンサーでした。

スネ夫役 関智一さん
「僕はスネ夫と違って貧乏なので、かべ紙ハウスが欲しい。」
後述しますが、関さんは何度も場を笑わせてくれました。

ジャイアン役 木村昴さん
「ジャイアンといえばきこりの泉。家にあるものを全部入れて新しくしたい!」
ジャイアン声で1曲歌おうとして周りから止められる一場面もありました。

しずか役 かかずゆみさん
「しずかちゃんと同じでお風呂が好きなので、いつでも入られる温泉ロープ。」
かかずさんは横に立ったしずかちゃん(の着ぐるみ)に語り掛けるかのように話しているのが印象的でした。

のび太役 大原めぐみさん
「ヤリトゲが欲しい。今まで何でも中途半端にやりとげてきたので、ドラえもんののび太役は倒れるまでやり遂げたい。」
中途半端にやりとげ…については、「それってやりとげてないですよね?」と司会の荻野アナから突っ込みがありました。

ドラえもん役 水田わさびさん
「どこでもドア。どこでもドアがあれば(日劇だけでなく)全国の劇場をみんなで回れるのに。」
この仕事をする前から欲しいと思っていた、とも語られていました。

ドラミ役 千秋さん
「いろんな道具の中でも最強説が流れているもしもボックス。今開催されているWBCの試合が阪神の公式戦だったら、と言いたい。」
WBCの試合の盛り上がっぷりを羨んでのコメントで、阪神大好きっぷりを熱く語られていました。

マスタード警部役 松平健さん
「タイムマシンが欲しい。未来に行ってここにいる皆さんが大人になった姿を見たい。」
マスタード警部のコスプレをして登壇された松平健さんからは、とても大人な雰囲気の漂うコメント。

映画ドラえもん応援団
鈴木福くん「食用宇宙服。それを食べて宇宙に行きたい。」
鈴木夢さん「タケコプターで遊園地に行きたい。」
会場からかわいい~の声が湧いていました。

寺本幸代監督
「コピーロボットが欲しい。映画を倍早く作れるから…。」
結構ぎりぎりまで製作が続いていたようで、苦労を伺える一言でした。


一通り挨拶が済んだところで、怪盗DXからの挑戦状と称して「映画ドラえもんが大ヒットするのに必要な道具はどれだ?」と、10個のひみつ道具の中から選ぶコーナーがありました。答えはカムカムキャットでしたが、「ころばし屋で他の映画をころばせれば…。」と何やらブラックな発言もあったり。

7日にテレビ朝日で放送されたアメトーークに関して関さんが触れられ、「スネ夫にくめない芸人で紹介されてから外でみんなに見られちゃって…」と話し、会場を笑わせていました。また、終了後に舞台袖に消えていく際にも、「(TOHOシネマズ日劇は)いい劇場だね。パパに頼んで買い取ってもらおうかな。」と、最後まで笑いを提供してくれました。

時間の関係等で作品そのものについてはあまり語られる場面がありませんでしたが、寺本幸代監督からは「明るく楽しい作品を、と考えて作ってきた。私たちも楽しく作ることができた。」とのコメントを聞くことができました。

映画の感想はまた別の機会に改めますが、劇場ではここ数年の中で一番といって良いほど子供の笑い声を聞くことができました。寺本監督の想いの通り、明るく楽しい雰囲気の作品に仕上がっている証だと思います。
スポンサーサイト
映画「仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キタ―ッ!」が8月4日から公開されることを記念して、東京メトロでは仮面ライダーフォーゼをテーマとした「スタンプラリー2012」が開催されています。

イベント情報 | 東京メトロ
映画「仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キタ―ッ!」公開記念
 東京メトロ スタンプラリー2012を開催
 - 東京メトロ(PDFファイル)
東京メトロスタンプラリーでガンバライドカードをゲット!!


イベントの詳細は、東京メトロで公開されている上記のPDFファイルが詳しいです。開催期間は7月14日から8月19日。約1ヶ月間ありますが、後回しにすると忘れちゃうし、フォーゼ大好きな相方さんに行きたいと言われたので、初日キターッ!ってなわけでサクッと行ってきました。

仮面ライダーフォーゼ2012スタンプラリー

プレスリリース等でも明記されていますが、対象となる駅は上の写真で赤くなっている10駅。クリックで少し拡大します。スタンプラリー用の一日乗車券を購入して5駅以上のスタンプを集めれば「達成賞」が貰えます。が、せっかくなので全10駅を回りたいところ。

あまり鉄道に詳しくない上に、ルートも所要時間等も特に調べず、ただひたすら「乗り換え無しで行けそうな次のスタンプ設置駅」を目指した結果、私達は以下のように回りました。別におすすめルートではありません、あしからず。

東京
丸ノ内線
銀座
日比谷線
茅場町
日比谷線
上野
日比谷線
北千住
千代田線
明治神宮前
副都心線
池袋
有楽町線
飯田橋
南北線
永田町
(改札内連絡)
赤坂見附
銀座線
新橋

スタンプ設置駅で無いのは永田町駅のみで、それ以外に乗り換えは発生しませんでした。但し、永田町駅から赤坂見附駅は駅構内で繋がってはいるものの、10分ほど歩くことになるので、今から思うと ここだけは乗り換えをしてでも別のルートを取った方が楽だったかもしれないです。加えて池袋駅と北千住駅ではスタンプ設置場所である東京メトロ定期券売り場がなかなか見つけられず、割とタイムロスをしてしまいました。利用する路線によっては定期券売り場まで結構遠かったりしますし、遠いホームでは「スタンプはこっち!」なポスターがあまり見当たらなかったりするのでするのでご注意を。

振り返ってみると、東京駅で1日乗車券を購入したのが結構遅めな13時30分。途中で20~30分ほどでしょうか、喫茶店に入ってお茶したりしましたが、17時05分には最後の新橋駅でスタンプを押すことができました。ただ、全体通して大人の足で歩いた結果なので、お子様連れだともっと時間が必要になるかと思います。なお、スタンプは毎日20時まで設置されていますが、景品交換は17時までです。全10駅を回ったところで景品交換といきたかったところですが、危うくなってきたので景品交換は9駅目の赤坂見附駅で済ませました。ちょっと残念。

DSC_01342.jpg
上の画像はクリックでモザイク解除したものにリンクしています。

ここからちょっとネタバレかもしれない話。駅とライダーの紐付けは上で挙げた写真でも隠していますので、スタンプ帳を受け取ってからの楽しみにしたい人は読まない方がよいかも。

スタンプに描かれたライダーと、そのスタンプが設置された路線の色は考えて合わせてあるようですね。青っぽいライダーはスタンプに2人描かれていますが、この両方が青い東西線の駅に設置されています。また、オレンジや金色を思わせるライダーは4人(4種?)も描かれていますが、全てオレンジな銀座線に設置されています(金は有楽町線だろ!ってのは無しで…)し、1つしか無い赤も同様です。心憎い演出だなあと思うと同時に、これだけバリエーションに富んでいる仮面ライダーフォーゼもすごいもんだなと色々な意味で感心しました。スタンプの色も、ちゃんとライダーの色に合わせたものになっている徹底振りでした。

ということで、まだまだ始まったばかりの仮面ライダーフォーゼのスタンプラリー2012。お子さんと回り方を考えたり、降りた駅でついでに散策してみたりと、これからの夏休みに楽しいイベントだと思います。
映画ドラえもん のび太と奇跡の島』が3月3日に公開開始されました。それに合わせ、毎年恒例マクドナルドのハッピーセットに3月9日より『ドラえもん』のおまけが登場しています。

ということで、全6種類の中から2番の「ドラえもんとアンキパン」を選んできました。アンキパンは取り外せるようになっています。
DSC_0336.jpg

ドラえもんの背中にスイッチが付いていまして、オンにするとテレビでお馴染みの ひみつ道具を取り出したときの効果音が流れます。アンキパンを 取り付け 持たせてあげると道具名を叫びます。けっこう大きな音が出るので、お店で試してみるときは気をつけましょう。

それとから土日のみ配布される追加のおまけ。1週目の3月10日、11日は「ドラえもん100枚シール」。
DSC_0338.jpg

右下のフィルムを模した箇所もシールになっていますが、それ以外は映画とは関係ない雰囲気ですね。表情や動きが様々でよいです。来週の3月17日、18日は「映画ドラえもんマグネット」とのこと。

このエントリー時点ではまだ今年の映画は見に行っていないのですが、なるべく早く見に行こうと思っています。既に色々な声が聞こえてきていて複雑ではありますが。

関連リンク:ハッピーセット ‐ マクドナルド (魚拓
発売から幾日か経ってしまいました。『映画ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマルアドベンチャー~』の特別前売券を購入しました。今回も購入場所は例年に同じく、有楽町のTOHOシネマズ日劇です。フライヤーも頂いてきました。

わくわく!ドラえもんクラフト

毎年の楽しみ、特別前売券の特典。今回はプルバックカー、「わくわく!ドラえもんクラフト」です。走らせるとゴンスケとクラージョが上下に動く仕掛けになっています。声優陣交代後の映画前売特典としては、『人魚大海戦』のとき以来2つ目となる、光らないおもちゃですね。
関連:
「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団」特別前売券購入
「映画ドラえもん のび太の人魚大海戦」特別前売券購入

『のび太の恐竜2006』から始まった、水田さんら演じる映画ドラえもんも、2012年の今作で7作目。「大長編ドラえもん」に無い作品、映画オリジナル作品としては『緑の巨人伝』、『人魚大海戦』に加わる3作目。そろそろ「これは!」という作品が出てきて欲しいな、というのが正直な気持ちであります。如何に大長編ドラえもんの作品数が多いとはいえ、『恐竜』から『ねじ巻き都市冒険記』までなら17作品。このうちリメイクというか再映画化というかしている作品が4作品。考えようによっては既に4分の1が使われているわけですものね。(『南海大冒険』以降からの着想も将来的に無くはないのかな、とも思いますが)

DSCF0502.jpg

写真の大きな看板は、日劇の入っている有楽町マリオンから見て新橋側の建物に掲示されていました。公開まで2ヵ月半ほどとなり、いよいよという感じがしてきました。「コロコロコミック」にて むぎわらしんたろう先生が連載している『映画ドラえもん のび太と奇跡の島』を読みつつ、楽しみに待ちたいと思います。
ドラえもんの誕生日の9月3日。当日は『川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム』の開館で話題が持ち切りでしたが、同じ日にドラえもんとのび太の素敵なフィギュアが発売されました。『ドラえもん』は硬派(?)なロボットでラインナップが揃った"ROBOT魂"から、『野比のび太』は特撮系をはじめ戦うヒーローものが主な"S.H.Figuarts"からの登場です。

ROBOT魂 ドラえもん ・ S.H.Figuarts 野比のび太 - 魂ウェブ
藤子・F・不二雄作品の国民的キャラクターを商品化 - BANDAI プレスリリースPDF

迷うことなく購入してしまいました、これは本当におすすめ。稼動部分の多いドラえもん系のフィギュアってあまり無くて、せいぜい「肩が回って、足の付け根が曲げられて、首が横に回る」くらい。でも、このROBOT魂とS.H.Figuartsはグリグリ動きます。関節もよく曲がるし、首の稼動範囲も大きいし、差し替えパーツで表情も手も多くのパターンが楽しめます。

写真を交えてあーだこーだ紹介したいところですが、写真は苦手なもので…。回し者では無いですが、玩具のネット通販で有名な『あみあみ』さんの公式ブログ『あみブロ』に素晴らしい写真付きレビューが載っておりますので、ぜひこちら⇒(101年後にもまた会おうね。「ROBOT魂 ドラえもん」&「S.H.フィギュアーツ 野比のび太」2体同時レビュー!)を閲覧して頂きたいと思います。紹介文もフィギュアのポージングも、とても購買欲をかき立てられる、素敵なレビューです。

ドラえもんとのび太とピー助
注:ピー助は付属品ではありません

ということで写真は1枚だけ。昨日遊びに行った『川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム』限定のガチャガチャで「ピー助」がダブったのでストラップチェーン外して一緒に撮ってみました。首の向きがアレなのでちょっと構図が無茶かもしれませんが、大きさはちょうど良い感じ。色々なポーズが楽しめるので、おすすめの商品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。